はくばくのもち麦ごはんを食べてみました。

近くのスーパーに残り1個、はくばくのもち麦ごはんがありました。テレビで取り上げられてから、もち麦の在庫が少なくなってきているのかな!?

もち麦ごはんと言っても入っているのはもち麦だけで白米とまぜて使う商品です。

もち麦の炊き方

はくばくのもち麦ごはんの場合、パッケージに炊き方が記載されています。また、計量しなくてもすぐに使える25gの袋詰めになっています。

我が家では3合のお米に対して13gのもち麦を入れてご飯を炊きました。水に関しては3合分のお水より少し多めにして。

ヒルナンデスで紹介されていたのは小さじにひとさじのもち麦だったので、お米を炊く時にもち麦の量が少なくても大丈夫だと思います。

もち麦の炊き方は袋に記載されています。概要はお米の合数+もち麦のg数に適量の水です。難しくないと思います。

食べた感想

食感は気持ちもちもちしたような感じがしますが、通常のお米の味と変わらないと思います。ただし、我が家ではもち麦を少量入るだけなので入れる量によっては味が変わるかもしれません。

炊きたての写真を撮るの忘れてしまったので冷えたご飯の画像ですが、こんな感じです。少し色が付いているお米がもち麦です。

もち麦を食べる理由

もち麦は食物遷移が白米の22倍、玄米の4倍と言われています。TVでも同じように紹介されていました。

うちの家族は年をとって肥満体系になってしまい、お医者様からは糖質を控えてもち麦をすすめられました。もち麦はダイエットに効果があるみたいです。

調べたとこによるともち麦は腸内環境を改善し、一般的に言われているデブ菌(ファーミキューテス菌)を抑える効果があるそーです。この菌は摂取した食物を分解して吸収する腸内細菌とのこと。

つまり、デブ菌が多いと肥満になってしまうってことですね。

ちなみにデブ菌は肥満体に多く、痩せている人には少ないとのことです。

参考文献:ヤセ菌バクテロイデスを効率的に増やすことは可能なの? | 腸内改善会議

まとめ

40代に突入すると肥満体系になりやすくなるので、もち麦を毎日食べて対策します。こちらで紹介させて頂いたもち麦ははくばく もち麦ごはんでした。

はくばく もち麦ごはん50g(12袋)


はくばく もち麦ごはん50g(12袋)

関連記事:もち麦に期待できる効果や炊き方、選び方。