キャプテンスタッグ EVA キャンプマットの口コミをまとめてみました。


キャンプや車中泊で冷気や凸凹を軽減してくれるベストセラー商品がキャプテンスタッグ EVA フォーム マットです。

参考:アウトドア用マット・ベッドの売れ筋ランキング

アウトドアで使うワンシーズンものと考えて使用されている方が多く、価格は2000円未満とコスパが良いです。但し、売れ行きが好調だと値上げされている事があるので購入の際は価格が落ち着くまで待った方が良いと思います。

口コミのまとめ

口コミ(レビュー)から多かった意見をまとめてみました。

用途

寝るときに使うマットや座布団、レジャーシートなどとして使用されています。

キャンプ、車中泊、バーベキュー、釣り、海水浴、登山、アウトドア、天体観測、ツーリング、花見、災害時、ヨガ、トレーニングなど

比較

銀マット、インフレーターマット(エアマット)を使用していた人がキャプテンスタッグ EVA キャンプマットに移行した感じです。また、銀マット、インフレーターマットと一緒に使用されている方も多くいらっしゃいます。

キャプテンスタッグ EVA キャンプマットに移行した理由は収納、展開が速くでき、寝心地も良いとのこと。

サマーレストマットレスのほうが良いとの口コミもありましたが、コスパ(値段)を考えるとキャプテンスタッグ EVA キャンプマットがいいみたいです。

耐久性

数回の仕様で凹みが、十数回、数年使用だけど大丈夫と色々な口コミがありました。体重のかかる箇所に凹みができはじめるみたいです。

また、凹みが戻るのに時間がかかるみたいで使用頻度が多いとマットがヘタレやすい傾向にあると口コミを読んでいて思いました。

コスパが良いマットなので、ワンシーズンものと考えて使用するのが良いと思います。

携行性

重量はおよそ270gと持ち運ぶには軽いでしょう。口コミの中で見かけたのが、かさばる、持ち運ぶのに適してないなどの内容です。

キャプテンスタッグ EVA キャンプマットは大きさを考えるとザックやリュックに収納して使うものではないかと。

それは収納サイズが約13cm×12.6cm×56cmだからです。56cmもあるのでザックやリュックに括り付けて、または収納袋を用意して持ち運びをしている人が多かったです。

クッション性

地面の凸凹を吸収してくれるのでお尻や背中が痛くならないなどの口コミ内容が多数あり、クッション性は良いと思います。

断熱性

冷気を感じることなく寝ることできたとの口コミが多数ありました。商品の特徴として優れた保温性と冷気のシャットアウトが示されています。そのため、うたい文句どうりのマットだと思います。

コスパ

確認時点で68%OFFの1900円で販売されていました。この値段でワンシーズン使えれば十分だと思います。

さいごに

ワンシーズンものと考えれば十分に満足できるキャンプマットだと思います。キャンプ以外にも車中泊やトレーニングにも使われています。

地面の凸凹が体に響くのはとてもつらいです。凸凹を吸収し寝心地の良いマットは重宝するでしょう。

通販

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート  EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318