足濡れしないペットシーツを選ぶ方法とおすすめのペットシーツ


わんちゃん(犬)が足濡れしている原因はペットシーツの選び方が間違ているからかも。足濡れを防ぐためにはわんちゃんの大きさや状態からペットシーツを選ぶ必要があります。

ペットシーツの選び方が間違っているとシーツからおしっこがはみ出て足濡れになったり、尿量にあわないペットシーツを使っているために足濡れになる場合もあります。

ペットシーツ選びの基本

ペットシーツを選ぶ基本となるのがペットの大きさ、尿の量、シーツの交換頻度です。そのため、ペットシーツのサイズや吸収力からペットにあうものを選らぶことで足濡れを防ぐことができます。

ペットシーツのサイズ

わんちゃんの場合、トイレのときクルクル回ってポジション取りを行います。そのため、体より大きいサイズのペットシーツを選ぶことが大事です。トイレのときペットシーツから尿がはみ出てしまうと足濡れの原因になります。

また、トイレがうまくできない高齢犬は大きいペットシーツでトイレを失敗しないようにしてあげると足濡れを防げるようになります。

ペットの大きさ 犬種例※1 ペットシーツのサイズ
小型犬 小動物、チワワ、トイプードル、ポメラニアン レギュラー(44cm✕33cm)
中型犬 アイリッシュテリア、ボーダー・コリー、シベリアン・ハスキー、ブリタニー・スパニエル ワイド(59cm✕44cm)
大型犬 ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、秋田犬、高齢犬 ダブルワイド(90cm✕59cm)

※1価格.com – 犬の種類

ペットシーツの吸収力

ペットシーツには多くの水分を吸収する仕組みが備わっています。商品によって違いますがポリマーやドライメッシュで多くの水分を吸収します。

この水分を吸収する力が大きいとわんちゃんの足濡れを防止することができます。基本的にペットシーツの吸収力よりわんちゃんのおしっこ量が多いと吸収しきれずに足濡れします。

ペットシーツには一回で交換するものと複数回のトイレで交換するものがあります。一回交換のペットシーツで複数回、おしっこをすれば当然、足濡れします。

そのため足濡れを防ぐには飼い主さんのライフスタイルに合わせてペットシーツを選ぶ必要があります。

たとえば、わんちゃんと共に生活をしており、トイレの度にペットシーツを交換できるのであれば、薄型のペットシーツで足濡れを防ぐことができます。ただし、おしっこの量が多いわんちゃんの場合、厚めのペットシーツが必要になります。

また、わんちゃんのお留守番が多い場合、複数回のトレイに対応している厚めのペットシーツで足濡れに対応します。

基本的にペットシーツの吸収力はペットシーツの厚さによって変わります。厚さが厚いほどおしっこをたくさん吸収し、逃しません。

わんちゃんの足濡れ防止には厚いペットシートほど効果があります。

しかし、コスパを考えると必要以上に厚いペットシーツは高上がりになるため、適切なものを選びたいです。

売れ筋のペットシーツ

足濡れ対策に売れ筋のペットシーツを紹介していきます。

デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー

商品の売りはおしっこの瞬間吸収です。そしてスポット吸収で小さくおしっこを閉じ込めます。また、小型犬三回分のおしっこを吸収し、臭いを長時間閉じ込めます。

口コミの要約

・おしっこの量が多いと床にこぼれている。
・吸収スピードがはやいので足濡れしない。
・おしっこの吸収力、消臭力が良い。
・枚数が多いのでコスパがよく、こまめに取り換えられる。
・トイプードルに定番の商品。
・他社より薄いのに吸収力がある。
・品質やサイズが以前より悪くなった。
・わりと薄く裏に漏れていることがある。
・リニューアルしてから足濡れしない。
・マイナーチェンジの度に品質が下がっているが使い続けている。

まとめ

口コミを読むと長期リピーターから以前より小さく、値段が上がり、シート厚みが薄くなったなどの不満がみられました。また、おしっこの量の多いわんちゃんを飼われているユーザーからの評価が低かったように感じます。

また、ペットシーツの端でのおしっこだとこぼれてしまうとのレビューやペットシーツを一度に複数枚使っているレビューもあったのでおしっこの量が多いわんちゃん向きのペットシーツではないと思いました。

商品自体はレギュラーサイズで小型犬用のペットシーツのため、おしっこの量が多いわんちゃんや中型犬、大型犬だとワイド、スーパーワイドにサイズアップが必要になります。

逆に吸収力、消臭力に満足しているユーザーも多く、満足しているユーザーの多くは小動物や小型犬、そしておしっこ量が多くない犬を飼われている方々なのかなっと思います。

枚数は多めのペットシーツのためコスパはよいかと。また、小動物や小型犬向きのペットシーツだと感じました。

デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー 112枚入


デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー 112枚入

アイリスオーヤマ 超厚型 超吸収ウルトラクリーンペットシーツ

商品の売りはスポット吸収ですばやく吸収し、抗菌、消臭ポリマーでにおいを閉じ込めます。そして超厚型なので小型犬のおよそ5回分のおしっこを吸収し、サラサラシートで逆戻りしないため足濡れしません。

口コミの要約

・厚みの割に吸収力がない。
・犬が歩いてもペットシーツが動きません。
・夜から朝まで十分使えます。
・端っこにおしっこをされると床にも広がってしまいます。
・値段も安くコスパが良いです。
・大型犬のペットシートにおすすめ
・こまめに変えなくていい。
・厚いのでしっかり吸収してくれる。
・サイズ、吸収力がよいです。
・おしっこの量が多い子(犬)でも大丈夫。
・おしっこの量が多いと瞬間吸収ではない。
・長いお留守番に重宝する。
・超厚型・超吸収という程ではない。

まとめ

超厚型・超吸収に疑問を感じているユーザーがある程度存在していました。ですがレビューで多頭飼いや大型犬でも大丈夫とのコメントも多く存在します。

もしかしたら、商品によって当たりハズレがあるのかと邪推してみたり。

肯定的なレビューは7割前後あるので試してみる価値があると思います。

アイリスオーヤマ 超厚型 超吸収ウルトラクリーンペットシーツ レギュラー 88枚 P-SUS-88


アイリスオーヤマ 超厚型 超吸収ウルトラクリーンペットシーツ レギュラー 88枚 P-SUS-88

ネオ・ルーライフ ネオシーツ カーボン DX レギュラー

Amazonで一番売れているペットシーツ。商品の売りはおしっこをスピード吸収(瞬間吸収)、吸着消臭して逆戻りを抑える。

口コミの要約

・ペットシーツをカットして使用する場合、中味がシート状になっているためこぼれない。ただし、製品の使い方としては推奨されていない。
・他社と比較して吸収力と消臭力が一番よい。
・おしっこの後がめだたない。
・厚いので薄いペットシーツと比較するとかさばりますが尿が絞り出されたりしない。
・吸収力があり頻繁に取り替える必要がない。
・おしっこをしっかり吸収してくれるので足濡れしません。
・猫の強いおしっこの臭いも抑えられます。

Amazonでレビューを読んでいただけると圧倒的に肯定的な意見が多いことを確認できます。

まとめ

他の製品から「ネオ・ルーライフ ネオシーツ カーボン DX レギュラー」にリピ変えした方が多く、吸収力と消臭力が喜ばれているペットシーツです。猫用や多頭飼いしているユーザーからも購入されています。

ネオ・ルーライフ ネオシーツカーボンDX レギュラー 100枚


ネオ・ルーライフ ネオシーツカーボンDX レギュラー 100枚


さいごに

口コミを読ませて頂いて思いましたが、ペットの大きさにあわないサイズのペットシーツを使っていると足濡れになってしまいます。

評価がとても高かったのは最後に紹介させて頂いた「ネオ・ルーライフ ネオシーツ カーボン DX レギュラー」でした。さすがアマゾンで一番売れているペットシーツ!って感じです。

足濡れを防止するには体より大きいサイズのペットシーツを選ぶこと、そして吸収力の高い厚めのペットシートがおすすめです。